8月2日(木)
アルクKiddy CAT英語教室 SOLA 主催
ママ英語講師による「イマドキ英語教育」相談交流会

 

今の時代の子どもたちには「英語」は必須!!!
どれだけこの言葉を聞いたことでしょう…(笑)

実はmamaskyマイも高校時代は国際科に在籍していて、多少の英語には自信はありました。
が、、、、、
どうやらこれからの英語教育って、私たちが学生時代習ってきたことととは大きく変わっているらしく、一体何からどう始めていいのやら分からない状況に、もうパニックです。


そんな矢先!「これからやってくる2020年の教育改革に対するママたちの不安はハンパない!!」と強く感じていらっしゃるアルクKiddy CAT英語教室 SOLAのかなこ先生が、ママスキーハウスにて今からの英語教育についてお話してくださる機会ができました♡


赤ちゃんからお年寄りまで、そして大学や企業での指導を通し、また自身の子育てを通し、今の子ども達に必要な英語教育のあり方や課題・幼児から中学校の間につけておくべきことが見えてきたというかなこ先生。家庭の考え方によって、子ども1人1人与えるべく英語環境も違うんですって!

みなさんが抱える悩み、想いぜひ当日ぶつけちゃってください♡



【当日の内容】
小さいうちからどのような教育をしておくとよいのか
⇒かなこ先生は、大学や企業で英語講師をしていることから、近年の高校生・大学生・社会人の方の英語力がどのようなものなのかを把握されています。

県内の小学校教育の現状を踏まえて、わが子の教育をどうするか
⇒2020年から、小学校の英語教育が変わります」と言われていますが、実は、すでに今年から、小学校でのカリキュラムに変化が出ていて、富山県内でも、市によってカリキュラムが異なっているそうです。

英検・TOEIC・TOEFLなどの資格試験対策について
⇒大学受験では、4技能が問われ、外部資格試験の採用が始まるそうです。

お子さんの年齢や学習環境、親御さんのご希望に合わせた英語教育のご提案
⇒お子さんの現在の年齢と英語を習わせる親御さんの目的によって、英会話教室を選ぶポイントや英語学習を始める年齢は変わってきます。何でもご相談を♪

自由相談・座談会
⇒その他、聞きたいこと・話したいことを自由にみんなで話して考えましょう!

【先生からのメッセージ】
・「いつから習わせたらよいのか分からない」
・「外国人講師と日本人講師、どっちがいいんですか?」
・「2年ほど、英会話を習わせているが、成果が出ている気がしない(小2)」
・「自分(お母様)が英語が苦手なので、成果が出ているのか分からない(年長)」
・「小学校で英語の授業が始まったようだが、小さい時から習っている子と、英語学習が初めての息子で大きな差があるようで、全くついていけてない小5)」など…
これまでたくさんのママさんからご相談を受けました。本当に、漠然と悩んでいらっしゃる親御さんも多いように思うので、講師からの意見として、何かアドバイスで役に立つことがあればなぁと思います。ママ同士、似たような悩みや違う目線の意見を聞くと、スッキリすることもあると思うので、そんな場になればと思います。お気軽にご参加くださいね。
 

【講師のご紹介】

<小林 佳奈子>
小学1年生の双子男児のママ。
富山大学人文学部卒業。在学中にロンドンに1年留学 言語学・言語教育を学ぶ。外国語としてスペイン語、ドイツ語を履修(学習者の気持ちを忘れないために、今も学習を続けています)。また、留学中に日本語教育についても興味が沸き、日本語教師の資格を取得。帰国後は日本語ボランティア活動に参加。卒業後は、大手英会話スクールに就職し、講師として4年間勤務。出産後は、北陸県内の大学や企業にて、講師・英語学習アドバイザーとして、英会話や主にTOEIC対策の指導にあたる。2018年、「SOLA」 を設立。
・J-SHINE 小学校英語指導者資格
・高等学校教員免許(英語)
・英検準1級
・TOEIC900点以上
・Postgraduate Certificate in Teaching Japanese as a Foreign Language

<infomation>
時間:10時~12時
対象:0歳~小学生のママ(子連れOK!)
参加費:無料(ママスキーハウス入場料別途・2H500円かかります)
※3歳以上のお子さまは100円がかかります
※フリードリンク付き!
 

参加ご予約はメールから