NPO法人親と教員の会 こどものその

住所 高岡市大町11-19
電話番号 0766-25-2231 電話受付15:30以降
メール kodomono@hotmail.co.jp
開園日 基本8:30~15:00(9:00までに登園) ※早朝・延長可
休園日 土曜・日曜
駐車場 あり

0766-25-2231※「ママスキーを見た」とお伝えください。
園児募集中!ベビー・未就学児向け(どなたでも参加可)のサークル(集まり)も毎週水曜日開催しています。

ママ Check Point

幼児園菜園一時保育春夏冬休みの保育も可早朝・延長保育駐車場完備家庭と園の一体化保育料理作り(食育)モンテッソーリ生きる力に満ちた子親も子も楽しいハーブ制服・鞄類指定なし(自由)臨床美術自然体験活動泥んこ遊びなかよし体験随時入園可

子ども達の可能性・想像力は無限大!ママ・パパの可能性も無限大!

幼児園「こどものその」が目指す”家庭と園の一体化保育”の基本的な考えは『子育ては保護者である両親が主体となって行うもの。園・保育者は専門家としてサポートする』というもの。つまりは、ママ・パパの子育てに対する想いを大切にしてくれるということです。月に1度、年齢別に保護者同士が集まって懇談会を開き、「今月は子ども達にどんな目標を持ってもらおうか」「運動会のテーマはどうしよう」などの企画を考えたりもするんだそうです。定例行事のように運動会や発表会を開くのではなく、毎回「目的」を明確にして、開催後は振り返りも実施しているというから驚き!仕事や家庭の事情で参加できないことがあっても、保護者間にある「困ったときはお互い様」という雰囲気があるそうなので、心配無用だそうですよ。
園長先生曰く、「よく子どもたちの可能性は無限大といいますが、ママ・パパが持っている可能性も無限大だと思います。みんなの子どもをみんなでみよう、という環境が整っています。」とのこと♡

どんな園だろう…と思ったら、見学やサークルに参加してみよう。

「こどものその」はモンテッソーリ教育を取り入れ、五感を使った教具や遊びがたくさん!また、子どもたち自身が「字がキレイに書けるようにしたい」「運動を頑張りたい」などと自ら目標を掲げて毎日の行動を考えるのも特徴です。さらに、金曜は「おにぎりの日」で、おにぎりは持参し、汁物や副菜を子ども達自身で手作りすることにも挑戦しています。2歳以上の子はほとんど包丁も正しく使えるというから驚きですよね。

このように「こどものその」には特長的なカリキュラムがたくさん。とはいえ、いきなり入園を決めるのは迷うこともありますよね。そんな時には、見学はもちろん、毎週水曜日に開催されている「親と子のふれあい広場」というサークルへの参加がオススメ!0~3歳までの未就園児さんが対象で、スマイルママと呼ばれる同園の保護者と職員1名で企画・運営をしているので、楽しいことはもちろん、園での生活についても情報収集できますね!

スタッフさんからの一言

「こどものその」で園生活を送られた父母の方々は、「こどものその」では子どもばかりでなく親も育つといわれます。
それは親と教員が子どもの成長について深く話し合える環境が「こどものその」にはあるからなのです。
親たちが自主的に保育参加し、お互いの経験や知識を出し合うことによって学びあう場が生まれていきます。
子どもが内に秘めた生命力を全開し、生きる喜びを全身で感じて主体的に考え行動できるようになること。
そのことを親が見守り育てることが大切なのではないでしょうか。 これは、教員だけではできないことであって、親の強い意識と支えがあってこそ実現できると考えています。
大切なお子さんたちのために、そしてご自身のためにも、是非一度当園をご覧になってみてください。

NPO法人親と教員の会 こどものその

住所 高岡市大町11-19
電話番号 0766-25-2231 電話受付15:30以降
メール kodomono@hotmail.co.jp
開園日 基本8:30~15:00(9:00までに登園) ※早朝・延長可
休園日 土曜・日曜
駐車場 あり

0766-25-2231※「ママスキーを見た」とお伝えください。
オフィシャルサイト
園児募集中!ベビー・未就学児向け(どなたでも参加可)のサークル(集まり)も毎週水曜日開催しています。
MAP 高岡市大町11-19