こんにちは。mamaskyの土肥です。

 

ここ最近、毎日くらい耳にするワードがあります。

それが「働き方改革」

 

いや、わかってるんですよ。その必要性は。

 

でも、

所詮は一個人。

改革しようにも何をどうしたらいいのか…
どんな改革が必要なのか…

 

『わからんぜよっ!!!!』

って思いませんか?

 

 

そんな時に、間もなく開催される

【働き方Labo】

というイベントの情報が飛び込んできました!

 

このイベントには、mamasky houseで定期開催している転勤族ママ会を主催するtenkin-noteのハルさんも関わっていると言うじゃないですか!

 

ハルさんに、

「どんなイベントなんですか?」

と詳しく話を聞いてみることにしました。

 

話を聞いて、私なりにこのイベントの見どころをママ目線で3つに絞ってみたので、「今、働いてないしな~」というママも他人事と思わずに、是非チェックしてみてくださいね♡

 

 

見どころ1
ママは学びを得る、コドモも学びを得る!

【働き方Labo】は3つのセミナーで構成されています。つまり、ママにとっては普段なかなかできない、”ゆっくりと人の話を聞く”という時間を過ごすことになります。

子どもと一緒に聞けるならそれはそれで理想的ですが、でもそれはやっぱり難しかったりしますよね。

 

多くのセミナーがそうするように、この【働き方Labo】でも託児が用意されています。

でもその託児が一般的な子どもを預かるというだけの「託児」という枠を超えた素晴らしい体験ができる仕組みになっています。

驚くことに託児は3種類

一般的な子どもを預かる託児は「赤ちゃん託児」のみ。こちらは、乳児を中心に安全にお子さんを見守る体制が整っています。

 

注目託児の1つは、”あそびあいらんど” でもお馴染みの「Chially(キアリー)」が担当する1歳以上のお子さん向けの託児コーナー。

mamaskyが今年開催してきたママサークルtetoteでも、超人気だったChiallyから新しい育児サービスが登場!「頼った分だけ、豊かに育つ」というキャッチコピーのもと、今回は独自の研修を受けた保育士×看護師×助産師が担当。保育ではあたり前の「発達の5領域」「育ってほしい10の姿」を基に、お子さんの感性を育みます。

 

 

そして、注目託児のもう1つは、こちらもmamaskyサイト内でお馴染みの「寺子屋つながリンク」が担当する託児コーナー。

今回は ”ひとり歩きができる” お子さんを対象に、幼児期に身につけたい36の動きを含む外あそびを実践しながら、自然に親しんで過ごします。会場の目の前には公園もあるので、子どもたちは思い切り遊びながら、学びを得られるのです!(雨天時は室内で実施)

 

 

つ・ま・り!
多くのママが、セミナーに参加するときに脳裏をよぎる「子どもを預けてまで参加するのは、なんだか子どもに申し訳ない・・・」という気持ちは心配無用!

だって、こんなにも子どもにとっても楽しいものになっているんだから♡

 

ママも学べて、コドモも学べて、別の会場にいながらも一緒に学びの時間を過ごせる。
こういうのってあるようでなかった!って思うんです。

素晴らしい時代が来たなぁ♡と嬉しい気持ちです。

 

 

見どころ②
知って欲しい、考えてみてほしい。発想力を奮い立てよう

さて、気になるのは、そもそもどんなセミナーなの?ということですよね。

当日のセミナー内容はこんな感じ♡

セミナー時間は10:30から約90分ほど。

まずは私たちが暮らす【富山】の現状を理解する時間が設けられています。

「働き方」という観点からと、「保育」という観点の2つの ”いま” を知ることができます。
現状を知ることは、とっても大事なこと。

 

その理解を得た後に、今回のスペシャルゲストである、株式会社ベアーズの高橋ゆきさんの講演会が始まります。

 

テーマは

女性笑顔の価値
~働き方改革は暮らし方改革と共に~

 

そうなんですよ!!!

世の中は、働き方改革、働き方改革、とそればかりを唱えるけれど、働き方改革をするときには「暮らし方改革」が必須だと思うんです。

「働く」も、「家事」も、「育児」も、どれも数珠つなぎに繋がった「暮らし」を象るもの。バラバラに考えるよりも、自分にとっての理想の暮らしを見つめながら選択肢を広げていくといいのかもしれませんよね。

講演を聞く中で、きっと自分にベストな選択肢を見つけるヒントが見つかるはず!

 

ちなみに講師の高橋さんは、私もどっぷりハマっていたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の家事監修をされていた方なんだそうですよ♡

 

 

見どころ③
ランチ付きが嬉しい!楽しく情報交換できちゃう!

一般的なセミナーイベントって、話を聞いたらそれぞれ自由解散、っていうのが一般的。
でも忘れてはいけないのは、このイベントはセミナーではないのです。

だって、【働き方Labo】ですよ!

Laboっていうのは、実験室・研究室とかの意味合いになります。
このイベントは、「これからの暮らしが、自分らしくいられるように情報発信や学びの機会を作りたい」という想いから開催が決まり、「参加された方それぞれの想いや何を必要としているのかを知ることで、より良い働き方の創出を目指したい」と考えられています。

つまり、働き方の「答え」を提供する場・一方通行に情報を発信する場ではなく、相互に情報交換ができたり、想いを発信し合うことで、より良い働き方の選択肢を広げよう、というイベントなのです。

 

そのためセミナー後にはランチ交流会の時間が設けられているのですよ♡

交流会には、スペシャルゲストの高橋さんはもちろんのこと、登壇者やイベント運営者・関係者、富山県庁職員などいろんな分野の方が参加します。

 

ランチは、障がい者就労・コミュニティスペースを運営するカフェ「MUROYA」さんの特別ケータリングランチ♡どんなメニューが並ぶのか楽しみ過ぎます♡♡早く食べたいぞ♡
*写真はMUROYA HPより*

わたくし、mamaskyドイも当日はこのイベントに参加して、ランチにも参加して、皆さんと情報交換したり、皆さんの声を聴いて、mamaskyなりに出来ることがないのか模索したいと思っています!

ランチタイムには魚津エリアで大活躍のフリーランスママ集団「cocomama」の代表、大島恵さんも同席してくださるそう♡めぐみさんに会えるのも、とっても楽しみです!

 

 

まとめ

開催間近となっている【働き方Labo】
私なりの目線で見どころをご紹介しましたが、それでもまだ「どんなイベントなんだろう」「私が参加してもいいのかな」と思うママも多いんじゃないかなと思います。

このイベントは、

  • 育休産休中の方
  • 妊婦さん
  • 今の仕事、暮らし、子育てに悩んでいる方

にこそ、是非とも参加して欲しいそうです。

 

情報を得て、周りの色んな環境の中にいる人たちの話を聞いて、そして自分自身の話も人に聞いてもらって、そして「こんな発想があるんだ」と知ってもらえると嬉しいです♡

是非一緒に参加してみましょ♪

 

 

 INFORMATION 

開催日時:
2019年11月22日(金) 10:30~13:00
※10:00~開場

開催会場:
㈱サンテンコーポレーション富山 小ホール
(富山市境野新62-5・富山西インター前すぐ)

定 員:80名まで
参加費:3,000円(託児無料、ランチ付き)

参加申込はこちら

 


主催:
子育て・働き方・くらしLABO(㈲中央ケアーサポートを中心とした団体)

協力:
㈱サンテンコーポレーション富山支社、転勤ノオト、常盤台保育園、㈱ママスキー、cocomama、Chially、寺子屋つながリンク、子どもと暮らし企画toyama

後援:
富山県、チューリップテレビ、北日本新聞社