2018年11月上旬。
こんにちわ!ママスキーのマイです。
猛暑の夏から季節は一気に秋。まだ11月だというのにママスキーハウスではすでに暖房を稼働させています。古い住宅なので仕方ないなと思いながらも、これから訪れる冬の電気代に今からビクビクしております。。。

さてそんな中、本日やってきたのはフジ創ホームさんの新築住宅・浅野邸!
ご家族に協力いただき、今回もすみずみまで見学させていただきましたよ♡


浅野ファミリー
(パパ・ママ・ひろゆき君4歳・ゆうかちゃん1歳)
 

ママのご実家が所有する土地に建てられた浅野邸は32.43坪のお宅。

注目ポイントはこちらの3点!

  1. ​1階で生活が完結できる間取り
     
  2. 光熱費を抑えるために導入したパパこだわりの〇〇
     
  3. あれもこれも標準装備!究極のハイブリット&健康住宅

 

11月10日(土)・11(日)の2日間限定で完成見学会も開催されるそうなので、実際に見てみたい方はぜひこの機会にお出かけくださいね!
⇒詳細はこちらから

 

さて、今回は久々の登場となるフジ創ホームの代表・荒井さんと一緒に新築住宅を探検していきたいと思います。

ポイント①
寝室も子ども部屋も兼ねる!
機能的に作られた1Fエリア

浅野邸に入って最初に目が行ったのが、とっても広~い和室の小上がりスペース。
8帖+クローゼット、TVボードスペースも兼ね備えていてリビングのように過ごせる空間になっています。
子どもたちも広い和室が気持ちよくて大喜び♪終始テンション高く走り回っていましたよ。

まだ家具がはいっていない状態でも、こんなに寛いで過ごしていたパパとひろゆき君。
何とも微笑ましい姿で、思わずカメラを向けちゃいました♡

 

この和室を寝室にも使えるようにと、リビングと扉で仕切ることができます。来客があった時もさっと戸を閉めるだけで生活感あふれる空間を隠せるのがありがたい!!

 

また、小上がりの和室下には、これまた嬉しい床下収納付き!子ども達のおもちゃをしまっておくスペースに使われるそうですよ。

 

そしてダイニングには、長いカウンターテーブルが!
パソコンをしたり、子ども達が勉強したりするスペースとして予定。テレビは和室にあるので、みんなダラダラせずに勉強してくれそうです。笑

 

さぁ!次は水回りをチェックしてみましょう♡
浅野さんご夫妻がとてもこだわられたという洗面・洗濯スペースです。ご覧の通り、めちゃくちゃ広い!!!

 

すぐに目に入ったのがこのポール!
洗濯物干し用ではないんですよ!
生活のベースを1Fで完結させるために、パパの仕事着や子どもの制服などをかけて置けるように、洗濯スペースに長めのポールを設置したんだそうです。
めっちゃ便利!!


ポールの下にも収納いっぱい!自分の棚の場所と分かりやすくなっていて、出し入れしやすい仕組みです。
「これは、子どもたちはもちろんのこと、旦那さんが自分で服をしまってくれるチャンスかもしれない…」とひそかに思っていたマイです。笑
私の自宅は洗面脱衣スペースがとても狭く、後悔した1番のポイントだったので、めっちゃ羨ましかったです。


ご紹介したダイニング・キッチン・水回りは玄関から入ってぐるっと回れる間取りになっているので、家事動線もバッチリですね!
老後のことも考えて、1階だけ生活できるような設計はとても参考になると思います♡

 

ポイント②
光熱費をとことん計算!パパがこだわった設備とは!?

浅野パパは超・理系男子だそうで、家の設備についてかなり勉強されたそうです。
中でも、フジ創ホーム・荒井さんも驚いたのが「灯油」の導入
合わせて「井戸水」も採用されています。
お話によると、この地域は水の綺麗さが有名なんですって。

まずは灯油の話から聞いてみましょう!
フジ創ホームの標準装備はガスで、最近ではオール電化に変更するご家族も多いそうなんですが、浅野パパが選んだのはコレだったのです。

その理由は「基本料金がかからないから」だそう。
灯油を使うのはお風呂やキッチンなどで使用する「給湯用のお湯」。
家の光熱費の中でもかなりの金額を占めるその部分を、灯油にされました。


使用料も見える化できるように、脱衣所から分かる位置に灯油タンクを配置するなどのこだわりぶり!

▲脱衣所から覗いてみた!の図

 

次に井戸水の採用です。
井戸水を併用されているご家庭は、少なくないとは思いますが、パパのこだわりはそれだけではありません!
水道料金は、使った量に応じて課金されていくらしいんですが(無知すぎてすみません…)、その金額が抑えられるように「井戸水を使う場所」「水道水を使う場所」とこと細かく分けたそうです。
文系のマイにとって、チンプンカンプンでしたが、なんかスゴイこだわったということはよく分かりました。笑

「うーーんそこまでこだわる??」とママは思ったこともあったそうなのですが、「パパのこだわりが強すぎて、途中からは完全に任せきりにしましたよ…」とママ。笑
その要望に合わせて全力で応えてくれたフジ創ホームもスゴイです!!

 

その甲斐あってか、パパは取材中終始嬉しそうでしたよ♡

もっともっと熱く語ってくださったのですが、コラムに書いていたらとんでもない長さになりそうだったので、ここで止めておきます><


 

ポイント③
心地よさをとことん追求!究極の「ハイブリット住宅」

さぁ、ここからは毎回驚かさせる「フジ創ホーム」のこだわりをじゃんじゃんチェックしていきますよ!
まずは、恒例のエアコンチェックです!
1台は1階のダイニングにあります。

2台目は…

やっぱりありました!階段の上にエアコンが!!!
毎回のお決まりなのでさすがに、もう驚きはないです。笑

 

普通は各部屋にエアコン1台、というのが基本だと思うんですが、1階のエアコンは暖房用、2階のエアコンは冷房用として使用し、家全体をそれだけで快適な温度にするというから本当にすごいです。

▲2階の部屋にはエアコンつける予定はないそうです!

一瞬1階のエアコンをつけてみたんですが、あっという間に家中が暖まり、暑すぎたのですぐに消しました。人がいると、その体温だけで家の気温が上がるらしいので、本当にエコです。


それだけ家の機密性があるということなんですが、 住宅の隙間を数値化して測る浅野邸の【C値】は0.48!!!

少なければ少ないほど機密性能が高い住宅と言えます。
日本の基準は4.0以下だそうなので、フジ創ホームの家がいかに機密性が高いかがよく分かりますよね。ちなみに、うちの実家ほどの古さだと測定不能レベルだそうです。。。。。

では、フジ創ホームのお家は、なぜこんな気密性が保てるのか、それには色んなヒミツがあるんですよ♡



【フジ創ホームの心地よさのヒミツまとめ】⇒過去の潜入記事もチェック!
★内側にも外側にも断熱材!「セルロースファイバー」という高性能の断熱材も採用
「セルロースファイバー」は吸った水分を吐き出す性能を持っているので、調湿・調温機能は抜群!自信があるからこそできる「無結露20年保証」!

 

壁の断熱性・窓の断熱性能を向上させるため「トリプルガラス樹脂サッシ」を採用
ハイブリッド断熱・トリプルガラス樹脂サッシで、家の寿命を縮めてしまう壁内結露が起こらない家づくりしています。さらに、縦すべり出し窓を採用し、さらに気密性をUPさせています。


★無垢材の床と漆喰の塗り壁を標準装備!自然素材で空気を循環♪最新の換気扇も導入!
自然素材を使って家中の調湿を気持ちよく保ってくれます。また、浅野邸からは最新の1種の換気扇を採用。空気を外に出すだけではなく、「吸う」「はく」を交互に行い、心地よい室内を作り出します。

様々な装備を兼ね備えているからこそ、こんなにも心地よい空間が出来上がっているわけです!

 

フジ創ホームを選んだ1番のポイントママに聞いてみたら、やっぱり答えは

「ストレスなく、心地よく生活できると感じたから」

「他社で床暖房をつけるかどうか悩んだんですが、光熱費を気にして暖房をつけるタイミングを我慢しまいそうだなと思ったんです。寒いな~、暑いな~、、、と我慢して生活していくことを考えたら、もう最初から先のことを考えてイイモノを建ててしまおう!と決断したんですよね」とママ。

 

うんうん、フジ創ホームさんで家を建てられたご家族は、みなさんそうおっしゃります。人生において大きな買い物であり、自分が生涯過ごすであろう新築のおうち。
やっぱり住み心地がいいのが一番です!


フジ創ホームさんでは、
長く住み続けるための『長寿命住宅』
暑さ寒さが気にならない『高気密・高断熱住宅』
住む人の事を考えた『健康住宅』

の3つを重点的に家づくりをされています。住み心地にとことんこだわりたいなら、1度見る価値アリですよ♪


今回の取材も、驚きがいっぱいなのはもちろん、終始家族のみなさんが笑顔いっぱいで、とても幸せな時間を過ごさせていただきました。
ぜひマイホーム建築のご参考にしてみてくださいね♡
これからもママスキースタッフは色んな住宅に全力で潜入していきますので、お楽しみに♪

 

 

<オススメイベント・ピックアップ>
◆【11/10(土)・11(日)開催】射水市島の健康省エネ住宅・完成体感会

今回取材させていただいた浅野邸を2日間だけ限定で公開!こだわりの間取りと省エネのヒミツをぜひご体感ください。
日時/2018年11月10日(土)~11月11日(日)10時~17時
場所/射水市島1420(とくだ接骨院よこ)
詳細はこちらから
お問い合わせ/フリーダイヤル(0120-252-661)メール(info@fujisou.com
)



◆【随時開催】健康省エネ住宅・見学会
前回取材させていただいた「志貴野しらとり台モデル」は随時見学可能です!
ご希望の日時をお伝えください
潜入取材記事をチェックする

場所/高岡市しらとり台分譲住宅内
お問い合わせ/フリーダイヤル(0120-252-661)メール(info@fujisou.com)

 

フジ創ホーム

住所/高岡市本丸町13-11 2F
電話/0120-252-661
営業時間/10:00~18:00
駐車場/あり
HP/http://www.fujisou.com/
「フジ創ホーム」の最新イベント情報はこちら