リボンfromとやま

住所富山市高畠町1-10-66
mailakeshiba_satoshi@toyama-c.ac.jp
活動場所富山短期大学キャンパス内を中心に富山県内各地で活動中
090-7495-4179※「ママスキーを見た」とお伝えください。
富山短期大学の学生と保育士、教員が中心となって活動する「リボンfromとやま」!

ママ Check Point

子育て支援親子向けイベント開催地域福祉の向上オレンジリボン運動学生のパワー地域福祉の課題解決障がい児保育地域共生社会

楽しい親子向けのイベントを定期開催

富山短期大学の学生や卒業生が中心となって活動する「リボンfromとやま」では、定期的に親子向けのイベントを開催されています。子育て応援マルシェや、工作を楽しむワークショップ、身体を動かす運動遊び、オンラインでの子育て支援活動など、子どもだけでなくパパやママも一緒に楽しめる内容ばかり!親子でのコミュニケーションが育まれる企画ばかりなので、「子どもとどう関わっていいか分からない」「どうやって一緒に遊んだらいいの?」なんてママやパパは特に必見ですよ♡
イベント開催スケジュールはInstagramで更新中♪

地域福祉の課題を解決したい!学生と保育士、教員が中心となって活動する「リボンfromとやま」

「集まり、結ばれ、繋がる」をキャッチコピーに活動する「リボンfromとやま」は、保育を学ぶ学生たちが地域福祉の課題を発見し、改善や解決策を地域のみんなと一緒に考え、実践されている団体。発起人でもある富山短期大学の明柴先生が、日々学生さんたちを見守り、時にはヒントを発信したりしながら活動を進めていらっしゃいます。
これまでも、子育て支援イベントの企画運営をはじめ、富山市内の地区の「福祉ハザードマップ」作成や、「子どもの権利ハンドブック」の監修、「富山市放課後等デイサービス一覧ブック」など、富山県内の地域福祉向上のために数多くの活動を実践されてきました。「在学中はもちろん、卒業後も子育て支援の輪を結んでいけるようにしていきたい」と話す明柴先生。Instagramでは、「リボンfromとやま」の数々の活動内容が紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
一緒に活動してみたい!という方も大歓迎だそうですよ♪

スタッフさんからの一言

はじめまして。リボンfromとやまです。
 多様な人が思いを馳せて集い、心を交わしてつながり、社会と世界が広がることを願ってつけた団体名です。
 そして、ここ富山からその想いが伝播していくことをめざしています。メンバーは、保育士、保育を学ぶ学生です。私たちが力になれることがありましたら、ぜひお声かけ下さい。中高生のイベントボランティアを募集しています。
代表 明柴聰史(富山短期大学講師)

リボンfromとやま

住所富山市高畠町1-10-66
mailakeshiba_satoshi@toyama-c.ac.jp
活動場所富山短期大学キャンパス内を中心に富山県内各地で活動中
090-7495-4179※「ママスキーを見た」とお伝えください。
富山短期大学の学生と保育士、教員が中心となって活動する「リボンfromとやま」!