こんにちは。mamaskyのおかじです。

「春から子どもに習い事をさせたいな~」
「小さい頃からいろんな体験をさせてあげたいな~」
と、漠然と考えているママのために、おかじがいち早く体験取材に行ってきました♪

今日ご紹介するのは、富山市二口町にある「七田式 富山教室」

この日は久々の快晴。とっても清々しいこの良き日に、2~3歳のお子さんを持つ4組の親子が集まってくださいました♪

結論から申し上げますと、この「七田式」の教育法、

とにかくすごかった!!

 

「実際どんなことをするの?」
「ウチの暴れん坊はきちんとお話きけるかしら…?」
と気になる方必見です!

今回は2歳コースの体験レポートをお届けしますね★

 

 


1. まずは子どもの気持ちを切り替える!恥ずかしがり屋の子も心を開きます

まずは、先生とご挨拶。子どもの興味を引くために登場したのは、七田式のマスコットキャラクター「しちだっく」。ちなみにこのキャラクター、「べびだっく」から「じーだっく」までの大家族です(笑)


登場した瞬間から、子どもたちは興味津々♪

きちんと椅子に座って、先生のお話をきいていますね。子どもたちの気持ちが切り替わったのが、目に見えて伝わりました。


その後は、1人ひとりお名前を呼んで「ハーイ!」と元気にお返事します。
そして、息つく間もなく、「今日の日付」「旧暦の読み方(3月は弥生、とか)」「天気」「曜日」などを七田オリジナルのカードを使ってどんどん学習していきます。

「“はれ”のカードを左手でタッチしてみようか」と先生がいうと、右手と左手を見比べながら、きちんとタッチする子どもたち。この動作によって、子どもは「はれ」と「ひだりて」の2つの事柄を頭にインプットします。

そして、出来たらとにかく褒める!!ママさんも自然とお子さんの頭をなでなでしている姿が多々見られました。私はこの姿を見て、「あ、こんなことでも褒めていいんだ!」と感じました。いつの間にか『○歳なんだから出来て当たり前』という風に思っていたと猛省。今日は家に帰ったら、たくさん子どものことを観察して、小さな成功も褒めてあげようと心に誓いました。




お次は、3月のカレンダーを用いて、「♪日・月・火~」や「♪ついたち、みっか、むいか」など難しい読み方なども、音楽にあわせて指で追いかけながら学んでいました。

『わからない~!』というときは、すぐ隣にママがいる。この安心感で、ぐずることなく真剣に取り組んでいます。

見てください!この真剣な眼差し!最初はモジモジ恥ずかしがっていたボクも、1人で集中して先生のお話が聞けています。たった数分でこの成長!す、すごい…!

 

2. 突然ろうそくが登場!?リフレッシュタイムがあります

さて、いろんな言葉をインプットしたところで、ママとのハグタイム♡
既にいっぱい頭を使った子どもたち。ママとのギュー♡でリラックス。


…と、ここで、先生がいきなり部屋の電気を消し始めました。


そして、

ろうそくに火をつけた先生。

右から左、左から上、下…など、ゆらゆら心地よい揺らめきの火を目で追いかける子どもたち。
そうなんです。実はこれ、目の体操をしています。目からの情報ってすごく刺激がありますよね。目を動かすことで、自然と目の筋肉の緊張をほぐしているんですよ!面白いですね~!



じーっと見つめています。かわいい…♡

このように、子どもの集中力を切らさないための工夫が随所に登場します。七田式は、ただ知識を詰め込むだけでなく、子どもの目線になって楽しめるカリキュラムになっているのがスゴイんです!

 

 

 

3. 手先を動かして、インプット→アウトプットの訓練を

目の体操が終わった後は、いろんな道具を使って手先を動かします。

ワンちゃんの絵が描いてあるブロックを探すゲーム。最初にワンちゃんのブロックだけギューッと手のひらで温めてから、裏返しにしてそれを探し出します。手の感覚だけが頼りです。


\見てみて!ワンちゃん見つけたよ~♪/

『出来たら褒める』これが本当に大切なんです。​先生も1人ひとりたくさん褒めてくれます♪


次は動物カード。



「先生が一瞬だけみんなに見せるから、みんなはそれを目のカメラでパシャパシャしてね!」

みんなは真剣に動物たちの位置を記憶します。


さぁ。動物さんはどこにいたかな?きちんと覚えているかな?

先生も丁寧に教えてくれます★

このように、記憶したものを自分でアウトプットすることで、今すぐではなくても、いつか自分の力で伝えることが出来るようになる訓練をしています。
 

 

4. 2歳児には難しい?いいえ、難しいと思い込んでいるのは親なんです!

さて、スタートからかれこれ30~40分経ちましたが、子どもたちの様子は…?

…うん。すごい集中力!今この記事を書いている私に分けてほしいくらいです…!(笑)


ここで登場したのが、七田式の代名詞ともいえる【フラッシュカード】。​
噂には聞いていましたが、実際の様子を見るのは私自身もはじめてです。


まずは「国旗」からはじまりました。先生がカードを見せながら、ものすごい勢いで国名を読み上げていきます。

「えっ!?こんなに速いの!?そんな速さで覚えられるの!?」とビックリΣ(゚Д゚)
もはや早口言葉レベルです。

文章でこのテンポとスピードを表現するのが難しいんですが、とにかくものすごい勢いです。

「うーん、こんなに速いてテンポでやっても、2歳児にはまだ難しいんじゃ…?」と正直思いましたが、このテンポがとても大切なんです!子どもたちはとにかく夢中でカードを見つめながら、先生から発せられる言葉の『音』で耳を養い、記憶をしているのです。なんでも、素早くめくって見せることで、高速記憶できる「右脳」を活性化するんだとか。子どもの記憶力って無限大!

七田式の先生いわく、「親が難しいと思い込んでいるだけで、七田式に通っている子どもからするとこれが“普通”なんですよ」とおっしゃっていました。確かに。「うちの子には難しい」って決めつけているのは、親の固定観念なんですね~。


続いては、ヒモ通し。

「牛さんのマフラーをとって、トンネルみたいにヒモを通してみよう!」と先生が説明すると、


すぐさま順応する子どもたち。飲み込みがはやい!


他にも、かぼちゃのおもちゃを使って、数あわせゲームを楽しんだり、


真っ白な傘の絵に、○×などの柄を描いたり、

みんなとっても楽しそう♡
最後は先生からスタンプを押してもらったよ!お家に持ち帰ってからも遊んでね♡


まだまだ続きます。もうとにかく3~5分おきに次々と新しい教材が登場するので、子どもが飽きる暇がありません!!大きなそろばんも登場してみんな大興奮!
みんな教室に入ったときから気になっていたので、興味津々です♪(笑)


オリジナルソングにあわせて、数の数え方を学んでいきます。
 

その後は、子どもが大好きな手遊び歌♪


♪グーチョキパーで、なにつくろ~
グーチョキパーの組み合わせで出来るものを考えることも、とても頭を使いますよ★





さてさて、あっという間に50分のレッスンもおしまい!
最後は、ママからのご褒美のぎゅー♡



子どもたち、本当に集中力を切らすことなく、よくがんばりました♡

今回体験してくださったママ&子どもたち、本当にありがとうございました!!


 



最後に、体験した感想をきいてみると…

  • 今日参加させていただくまで、この子がこんなに座って集中して取り組めるなんて思っていなくて、本当にびっくりしました!新しい我が子を発見することが出来ました。
    2歳には難しいのかな?と思ってしまうことも、分かりやすく優しく教えてくださることで、楽しく取り組んでいたように思います。また、言われた通りのことをしていなくても、全てを受け止め、誉めてくださるのが、子どもはもちろん、親としても嬉しかったです!子どももすごくニコニコで、出来たら先生の方を見て“できたよ!誉めて!”と目でアピールしている姿も印象的でした。
  • 噂で聞いていましたが、フラッシュカードを間近で見れて本当にすごかったです。時間が長いので集中力が途中で切れるかと思ってましたが、最後まで落ち着いていて驚きました! 
  • 私も教育の現場で仕事をしていますが、子供の教育にはテンポが大事だと思っています。とくに集中力がなかなか続かない小さな子や元気な子は、リズムテンポがよいことで飽きずに着いていきます。うちの子も落ち着きがないですが、今日はリズムやテンポのよさがあって1時間楽しく活動できたように思います。いろんな教材や刺激があって、親も勉強になりました。
  • 教室自体が新しくとてもキレイに感じました。先生も、ひとりひとりに丁寧に接して下さり、次から次へと色々な物が出てくるので子ども飽きることなく1時間のレッスンがあっという間に感じました。ママだけでは家であれだけの事を子どもにしてあげることは出来ないのでとても充実し1時間だったと思います。


と、「体験して良かった!」と嬉しい声が!! 

少しでも興味を持った方はぜひ七田式にお電話を♡「mamaskyを見て、体験予約したいんですが…」とお電話してくださいね!現在、春のキャンペーンも開催しているそうですよ★

 



最後までご覧いただき、ありがとうございました!


 

七田式 富山教室

住所:富山市二口町4丁目1番地3
電話番号:076-423-7798
営業時間:コースにより異なる
駐車場:あり
HP:https://www.shichida.jp/toyama/

この記事のキーワード

お気に入りに追加しました