みなさん、こんにちは。

 

突然ですが、子どもに「お手伝いしたーい」「クッキングしたい」なんて言われたことないですか?
まさに、我が家は最近よく言われます。毎日のように3歳の息子が「ママの手伝うー!」と言ってくれるのは嬉しいものの、内心はハラハラ・ドキドキ。怪我したら大変だし、触らないでーと思っちゃいます(汗)。
 

子どもが大きくなるにつれ、そろそろ“お手伝い”をしてもらおうかなとお考え中のママもいるのではないでしょうか? 

 

とは言え、働くワーママにとっては平日は時間がなくて、子どもの慣れないお手伝いに付き合うほど心に余裕が持てないこともありますよね。
週末など時間に余裕があるときに、食材を切ったり、一緒に洗濯物を畳んだり。ちょっとずつから始めていきましょう!

そこで今回は、『親子クッキングが楽しくなる便利100均グッズ』をご紹介したいと思います★

 

 

《目次》

  1. 指を切る心配はこれで安心!こども包丁
  2. 皮をむいてくれると地味に助かる♡ピーラー
  3. 知育にもなっちゃう?計量カップ

 

 

 

指を切る心配はこれで安心!こども包丁

まずは、子どもが持ちたがる「包丁」をご紹介!

こちらの包丁は、刃がプラスチックでできています。
よく見るような包丁とは違い、安全のために切れ味も落としてあるとのことなので、固いものを切ることは難しいかもしれませんがきゅうりなどはざく切りでいけちゃいます。

豆腐やバナナ、イチゴなどの柔らかいものや加熱して柔らかくしたジャガイモや人参などで、お手伝いしてもらうのがいいかもしれませんね!

包丁を使っている間は、ハラハラして目が離せませんでしたが、こちらの包丁は手を切る心配も少ないと思うので、ママも安心して任せられるかな、と思います♡

 

 

 

皮をむいてくれると地味に助かる♡ピーラー

続いて、カレー作り等で必需品のピーラーです!

こちらのピーラーは、小さな手でも握りやすいハンドルになっているのが特徴です。
人参などの野菜を縦半分に切ったものであれば、子どもの手でも持ちやすく挑戦しやすいかなと思います。

子ども用ピーラーですが、ジャガイモの芽とりなども付いているので、段階的に細かいところも任せていけそうですよね。助かっちゃう♡

ただし、こちらの商品の切れ味は、通常のピーラーと変わりないので子どもだけの使用は要注意です。子どもの手に、パパやママの手を添えて一緒にやっている感覚を味わう事で、喜びも大きくなると思うので、ぜひ一緒に皮むき体験をしてみてくださいね!

 

 

 

知育にもなっちゃう?計量カップ

最後は、お菓子作り等にはかかせない計量カップ
分量を量るなんて、子どもには難しすぎる…。なんて思っていませんか?

こちらは、数字やひらがなが読めるようになった子どもにオススメの計量カップ。
ひらがなで書かれていたり、数字も大きく記載されているので、子どもでも目盛りが読みやすいのが特徴。

数字が少しずつ分かってきた子どもに、「1、0、0のところまで牛乳入れて」など数字を順番に伝えてみるのもいいかもしれません!
お手伝いができたことももちろんですが、数字を読んでママが言うようにできた!という体験も子どもにとって大きな喜びになるはず!

まだできないでしょ~!なんて思っていても、子どもの成長は想像以上に早いもの。
お手伝いを通じて、ママの知らない一面が発見できるかもしれませんね★

 

 

自分で作ったものやお手伝いした料理は、子どもにとって特別な味がするもの♡
親子クッキングで、もしかしたら好き嫌いが克服できた!なんて話も珍しくありません。

子ども用クッキンググッズを利用して、毎日ではなくてもママに余裕があるときに、お手伝いをさせてあげると子どもはきっと喜ぶと思います!!

 

 

 

『子供用クッキング便利100均グッズのご紹介』は、いかがでしたか?

今回紹介した商品はすべてセリアで購入できますよ。きっと便利グッズはまだまだあると思うので、子どもと一緒に便利グッズ探しをしにいくのも楽しいですよね♪

 

おうち時間が楽しくなるヒントは、お家づくりから見つけることもできますよ!!
そのひとつが「通気断熱WB工法」という家の作り方です。

伝統に支えられたWB工法の家のコンセプトは「深呼吸したくなる家」。
木造による丈夫な骨組みにより、地震に強く、湿気を通す優れた能力で、湿度に負けない耐久性の高い家を実現しました。

”家の呼吸“”壁面の呼吸“
この2つを実現することによって、「人」「家」「地球」が健康でいられる家が完成するそうです。

家族が健康でいられることで、毎日の生活もきっとより楽しいものになりますよね。

家族が健康に楽しいおうち時間を過ごせる家づくり、はじめてみませんか?