みなさん、こんにちは。

 

突然ですが・・・

これからの季節、どんどん気温も上がって外で元気に遊ぶ子どもたちは汗びっしょりとなることでしょう。

 

身体が冷えるたりあせもが心配で、すぐにお風呂に入ってほしいのに、いつも「いやいや~~~~~~~!!!」と泣かれてしまいます。

 

お風呂って、とっても声が響きますよね…。住宅団地に住んでいる我が家は、きっと泣き声がご近所さんにダダ洩れのはず。

 

我が家のように、子どもをお風呂に入れることに一苦労されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、我が家で実際に活用しているおすすめグッズの紹介をさせていただきますね。

 

《目次》

 1.これを使うとリゾート気分~♬
 2.子供はだ~いすき!100均グッズで遊ぼう!
 3.お風呂タイムのあとは、ご褒美のアレ!

 

 

1.これを使うとリゾート気分~♬

我が家では、お風呂に入浴剤を使用しています。

と言っても、節水のために洗濯時はお風呂の残り湯を使ってるので、あまり良くないのかな?と思っていました。

 

しかし、普通量の入浴剤を使ったお湯で洗濯しても、洗濯物に色がついた!ということはなかったことから、今では気にせずに使っています。

 

最初は100均などでも売っている、バスボールを使っていました。

子どもたちはバスボールが溶けるとおもちゃがでてくるので、喜んでいたのですが
「1日100円って高いではないかーーーー!!」
ということで、今では固形の入浴剤など安いものを使っています。

我が家には3人子どもがいるので、毎日「誰が入浴剤を入れるか」で戦争がは始まります。

 

しかし、子どもたちにとっては、色がついたお湯というのがとても不思議で楽しいようです。また、いい匂いがするので喜んで入ってくれます。

 

低価格でお風呂時間を楽しめるなんて一石二鳥だ!と入浴剤代がかかっていることについては良し!としています。

 

 

2.子供はだ~いすき!100均グッズで遊ぼう!

我が家は夫の帰りが遅いため、私が子ども3人と一緒にお風呂に入ることがほとんどです。入浴時間が長くなり、湯船につかっている子どもは退屈になっているようです。

そんな時のお助けマンとして、我が家では100均のお砂遊びグッズやジョーロ、お風呂で使えるひらがなシートなどをお風呂場に常備しています。

 

初めは、洗面器やひしゃくで遊ばせていたのですが、子どもたちが湯船のお湯をどんどん出してしまい…。パパがお風呂に入る頃には、お湯の量が悲惨な状態になります。

「ママ、もう残り湯で洗濯したの?」といわれる始末。

 

その点、ジョーロやお砂遊びセットは少量のお湯で遊べるので、お湯の節約にもなります。

最近では、お湯がかかると文字が浮き出るようなひらがなシートなどもあり、お風呂時間にちょっとしたお勉強ができてオススメです!!

 

 

3.お風呂タイムのあとは、ご褒美のアレ!

4人で入浴するため、長風呂になりがちな我が家。
入浴後は水分補給も含め、子どもが大好きなアイスタイム♡

 

もちろん、冬場も食べます!!
ピノやパピコのような小さいモノもあるので、ちょっとしたご褒美には最適です。

子どもたちが好きなアイスを選べるように、冷凍庫の上の段の一部はアイスコーナーになっています。大人も子どもも、ご褒美があれば頑張れちゃいますよね!!

アイスの他にも、ヤクルトや小さいパックのジュースも常備しています。その時によって子どもたちにアイスにするか、ジュースにするかを選ばせています。

 

 

紹介させていただいた方法を使い、今ではお風呂前に叫ばれることがずいぶん少なくなりました。私自身も余計な体力を使わずにすむので楽になってきました。

自宅でのお風呂の時間が楽しくて仕方ない子どもたちです!

ぜひ、みなさんの参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、十分に外で遊べる機会が少なくなりました。

こんなご時世だからこそ、『おうち時間を楽しむこと』はとても大切ですよね。

おうち時間を楽しむヒントはお家づくりから見つけることもできますよ。

そのひとつが「通気断熱WB工法」というお家の作り方です。

 

家族みんなが、健康で楽しいおうち時間を過ごせる家づくり、一緒にはじめてみませんか?